身長を伸ばせる魔法のサプリ|コンプレックスを作らせない

眼精疲労への効果の真偽

果実

視力回復と眼精疲労は別

ブルーベリーが目に良いという話をよく聞きますが、まず知っておくべきことは、ブルーベリーが落ちてしまった視力の回復に直接効果があるわけではない、という点です。とはいえ一時的な眼精疲労や疲れ目に対して、ブルーベリーの成分が効果を発揮することはわかっています。まず眼精疲労は、網膜上にあるロドプシンという細胞組織が壊れている状態のことを指します。ロドプシンそのものは、時間の経過とともに再合成されますが、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が、このロドプシンに働きかけて、再合成を促進させるのです。そのため目の疲れに優しいという意味で、ブルーベリーはたしかに効果があると言うことができます。

どのくらい摂取すべきか

ブルーベリーに含まれているアントシアニンの必要摂取量は、一日にだいたい90〜120mgとされています。生のブルーベリーであれば、20〜30粒程度となります。摂取してから約4時間ほどで効果が現れ、約一日効果が続きます。つまり、アントシアニンは体内には蓄積されづらいということです。そのため、慢性的な眼精疲労に対しては、毎日継続して摂取する必要があります。ただし、アントシアニンは熱に弱く、保存に適さないという性質があるため、毎日効果的に摂取するには、サプリメントの力を借りるのがお勧めです。また、アントシアニンには抗酸化効果があり、紫外線のダメージから目を守る効果のほか、血行促進効果による目に栄養を運ぶ効果もあるとされています。